上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
私たちは、息を吐くように嘘を付きます。
まいにち、いつでも、どこでも。

嘘は言っていないなどと詭弁を言わないでくださいね。
言わなくとも騙す、事実上の嘘などいくらでもあります。

私たちは、隠すのは下手なのに嘘を付きます。
嘘はメッキであり、いつか綻んでばれます。

そんなことは私たちも判っていますが、それでも嘘を付きます。
どうして?

それは、他人の為に。
嘘は、悪質なものもありますが、多くはよかれと思いついています。

それは、自分の為に。
名誉のため、精神安定のためについています。

…こんな性質を持っている嘘。
吐くなら、吐かれても傷付けない、許せる嘘を吐きたいですね。
スポンサーサイト
2013.02.16 Sat l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
言い訳はいいですから。

多少の言い訳は聞きますが、多く・反復するようであれば黙ってください。
自身の行為への否定材料を探しているようにしか感じません。
聞いているこちらも不愉快です。

未来を語りましょう。
想像の未来を。
妄想でもいいです。

そして、描いたものを現実のものにするために、地道に精一杯がんばりましょう。
大多数のものは、王道と呼ばれる地道な方法しかなく、楽してできるとものはありません。
しかし、ここでくじけずに、漸進的でもいいので歩みましょう。

最後にある先人の言葉を引用させていただきます。
『愚者は過去を語り、賢者は現在を語り、狂者は未来を語る。』
狂者は、現在では理解されない、先見の明のある人を指す、と私は思っています。
2013.02.14 Thu l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
響き渡る声・第四話より。

知らない方が、良いこともある。

知らなければ、良かったかもね。

でも、何も知らないで生きて行くなんて。

それは、生きていると言えるの?

ただ、檻の中で生かされているだけじゃないか。

だったら、生きるために知るべきだ。

知らなくてのほほんと生きるくらいなら、知って後悔した方がいい。

生きる世界は、白と黒の二極ではなく、灰と赤と青と緑の混じったグラーデ―ションの方がいい。

私は、後悔してでも、生きたい。

・・・でも、押しつぶされそう。

・・・生きたいけど、生き地獄は檻の中と比べるとずっと辛い。

・・・死にたい。

でも、死んだところで、死後の世界などある訳がなく。

虚無などある訳もなく。

自己を知覚することができない、消滅。

それは、一番嫌。

怖い。

怖い。

怖い。




なーんて馬鹿なことを考えつつ、明日も楽しく生きよう。

辛い時は休もう、羽伸ばそう。
2012.09.26 Wed l 雑記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
記事をミスして消してしまい、一から書き直したので遅くなった。
中段の長所に関してネガが少しはいっているので、スル―するべし。

先月末に4段に上げるために数回ランクマをしたところ、8段のバレットシューターに2回あたった。
そして、2回とも負けてしまった。

バレットシューターは強い。
これは実装前から言ってきた。
実装当日にみんながネガキャンしてる時もこの事を強く訴えてきた。

そして、バレットシューターを57Lvにしてみて思ったことは、イリュを物理にしたキャラだということ。
基本的にはイリュと同じような攻め構成。
手裏剣の代わりにエレクトロがあり、ガード&ファントムパンチの代わりにステップからの回避と攻撃がある。
そしてソウルバルカンの代わりの、リミッテッドショット。


…しかし、ただ物理にしたキャラではなかった。
それをランクマで負けて痛感した。

バレットシューターは、イリュに決定的に勝っている要因が2つある。
中距離における出の早い射撃&格闘と、イベイド不可でHPを持っていけるコンボ。

まず前者。
「左クリック」「ガンクラッシュ(ガー不)」「スカイキック(1段目強硬直判定)」の対処には本当に困る。
近接職でもないのに、ガンクラッシュとスカイキックの間合いでうろちょろしていたら詰む。
というのも、近接職でないキャラ=魔職は、近距離での攻撃はその場しのぎに使うものばかりで、しかも発生も速度も速い攻撃などは1つあるくらい(もちろんCT長い)。

レンジャーが魔職全員に対して圧倒的優位に立てるのは、CTがないと言っていい通常弓が驚異的だから。
ライトニング?ドリル?違う。
通常弓1つで全て無にされる。
その通常弓の速度には及ばないが、魔職が持っていないような、近接職が持っているような近距離での強い攻撃をバレットシューターはいくつも持っている。
ああそうですか、バレットシューターとレンは近接職ではないけども、魔職でもないですものね。

次に後者。
ガンクラッシュ当ててから、スカイキック当ててから、ドッジショット当ててから。
リミッテッド撃ったらごっそりHPを持って行かれる。
かつての魔タオのソウルバーン全段ほどとはいかないが、それに匹敵する威力。
ガンクラッシュとスカイキックからであればイベイド不可。
コンボゲームからどんどん遠ざかって行きますね。


さて、物理イリュに関して少し書いた上で、考え得る対策を記して行く。

①ダッシュ派生2つを出させてから潰す。
イリュのファントムパンチを見てから潰せますか?
私は無理だ。
ダッシュしてたり、ここでくるだろうなって予測していないととてもじゃないと無理。
同じように、バレシュのだ種派生も、見てから潰すことはできないだろう。
さて、バレシュのダッシュ派生は2つある。「ドッジジョット」「ダブルダッシュ」。
ドッジショットに関しては近接の要であり、スカイキックとガンクラッシュ、回避にダッシュからのドッジショットと近接顔負けなくらいに動く。
このドッジショットをどうにかして出させる。
方法としては、バレシュに守りに入らせる。そして、ダッシュをださせる。
ドッジショットを空打ちさせれば、バレットシューターは基本的にCTを稼ぐために逃げる。
特にこの時、もう1つの派生であるダブルダッシュを使ってくるだろう。
そしたら、後は近づいて調理できる。
※ダブルダッシュはエネミーアーマーなので、移動中に狩っても良い。

②だらだら中距離で防戦に入らない。
とにかくこれ。
ショットガン等、強力な中距離技をバレシュは有している。
こちらはガードしていても回避をしていても勝てない。
要所でガードや回避をしていく必要はあるが…中距離にはいったらすることは1つ。攻めろ攻めろ攻めろ。
イリュのような魔職は、なかなかそれができないので、逆にバレシュの射程外まで距離を置いた方がいい。
手裏剣やチェイサーはかなり苦戦していた模様。
どれだけ辛かろうと、バレシュの得意な距離を保つなんて御法度。
保たないだけでかなりいけた。
2012.07.05 Thu l C9 l コメント (0) トラックバック (1) l top
あr…。
先週始めまでは春香Pだったのに、気がつくと伊織(&春香)Pになっていた。

くgy…。
別に釘宮病患者という訳ではない。
ただ、いおりんが純粋に愛おしい。

バレsy…。
ああ、イリュもバレシュも4段にしないといけないのに。
アイマスを、いおりんを優先してしまう。
c9のウィークリー切れの関係もあり、日曜日まで半休止状態。
2012.06.29 Fri l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。